まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

【TOTO TKS05301J 分岐水栓がつけられない賃貸キッチン】それでもできる食洗機設置方法

結婚後、ずっと食洗機を使っています。
賃貸住まいなので、食洗機は据え置き型。(卓上型とも。要は造り付けじゃないやつ)
据え置き型食洗機歴はかれこれ12年です。

その間、引っ越すこと4回。
最初の住まいで食洗機設置も含めると、計5回の食洗機設置を経験しています。
(現在使っている食洗機は、2019年に購入したパナソニックのNP-TH2)

卓上型食洗機の設置には、食洗機に水を引っ張ってくるための分岐水栓が必要です。
しかし、先日の引っ越し後、なんとキッチン水栓が分岐水栓が取り付けられないタイプだということが判明!

TOTOのTKS05301J

TOTOの「TKS05301J」です。

この度、分岐水栓つけられない物件に初めて巡り合いました。
その事実を知ったときには、愕然としましたよ。。
食洗機を諦めなきゃいけないの?と。

ですが、最終的に、賃貸でもOKの方法で無事に食洗機を設置することができたので、記事にします。

据え置き型食洗機設置は分岐水栓が命

毎回、引っ越し業者さんを通して、専門の方に食洗機の取り外し、取り付けを頼んでいます。
取り外しは、ものの数分でサクッと終わります。
問題は、引っ越し後の取り付けです。

大体の流れは、

  1. 業者の方が、キッチンの水栓に適合する分岐水栓を調べる。
  2. 分岐水栓を取り寄せてもらう。
  3. 後日、分岐水栓を持った業者さんが再び来訪。

ここでまできてようやく食洗機を取り付けてもらえます。
道のりが長い…!
分岐水栓の取り寄せに時間がかかるので、食洗機が使えるのは引っ越し後1週間程度かかります。
もちろん、歴代の分岐水栓コレクション(笑)の中で適合するものがあれば、当日すぐに食洗機を取り付けてもらえます。
が、これまで一度も過去の分岐水栓が使えた試しがありません( ;  ; )

もしくは、前もって自分で適合する分岐水栓を調べて取り寄せておけば、すぐに取り付けてもらえます。
卓上食洗機を作っているパナソニックのサイトにも分岐水栓ガイドがあります。
ただ、分岐水栓は安いものでも数千円、高いものは諭吉が飛んで行きます。
購入したものが間違っていたらと思うと怖くて、私はいつもプロ任せです。 

引っ越し後、適合する分岐水栓がないことに愕然

さて、先日の引っ越しの際も、いつもと同じように食洗機の取り付けをお願いしていました。
ところが、業者の方から衝撃の事実が告げられます。
「残念なお知らせなんですが、この水栓に合う分岐水栓はないです。。」
「え?えっ?!そんなことあるんですか?!」

あるんです。
引っ越し先のキッチンの水栓はTOTOの「TKS05301J」です。
この水栓には、分岐水栓が取り付けられません。

TOTOのTKS05301J
写真再掲

食洗機を諦めなければいけないのかと絶望する私に、業者の方は「シンク下で分岐させる方法もある。」と教えてくれました。

シンク下

シンク下で分岐して食洗機に繋ぐ

シンク下で分岐して食洗機に繋ぐ

しかし、シンク下で分岐する場合、分岐後、シンクに穴を開けて管をシンク上に出して食洗機と繋がなくてはいけません。
賃貸なので、シンクに穴を開けるこの方法は不可です。

もう一つは、シンク下で分岐し、シンク下収納の扉から管を上に持ってくる、という方法。
かなり苦し紛れの方法です。
これだと扉は常に管の分開いた状態。
見た目的にも、心理的にも、ちょっといやですね。

分岐水栓をつけられない水栓だと、食洗機は諦めなければならないのでしょうか?!

水栓ごと交換するという方法なら原状回復も可能で賃貸OK

業者の方の説明を聞きながら、さらに絶望する私。
ない知恵を絞り、水栓ごと丸っと取り替えればいいんじゃない?と思い至り、業者の方に聞いてみました。

すると「可能です。」
あ、あっさり。何で提案してくれなかったんだろう?
「ただその場合、うちでは対応できないので水道屋さんに依頼してください。クラシアンさんとか。」
そういうことか〜。
その業者さんには申し訳なかったですが、一番スマートに食洗機を設置できそうな「水栓丸ごと交換」でいくことにしました。

自分なりに調べたところ、

  • 元々の水栓は、TOTOの「TKS05301J」
  • 同シリーズの「TKS05309J」なら、分岐水栓取り付け可能
  • 「TKS05309J」に合う分岐水栓は「THF22R」
  • 「TKS05309J」と「THF22R」は合計2,3000円程度
  • クラシアンに頼むと工賃は16,500円

そう、水栓ごと交換して分岐水栓をつけると合計で4万円近く費用がかかるという事実、、
高い…けど食洗機のためなら致し方ないのか…
葛藤する私( ̄▽ ̄)

ネットであーでもないこーでもないと、調べていたところ、たまたまサイトにアクセスしたのがアイホーム株式会社
なんと「卓上食洗機、分岐水栓取付工事専門店」ですよ!
頼れる感じしかしない。

早速問い合わせてみると、テキパキと疑問に応えてくれ、さらに、TOTOだけではないいくつかの価格帯の水栓の提案までしてくれる。
神?
やっぱり素人が調べたネット情報には限界あります。
プロの底力を見ました。

しかも!!
賃貸退去時はご依頼いただければ、現状復帰も承りますとのこと。
どこまでこちの気持ち分かってくれるん(T ^ T)

というわけで、迷わずアイホームさんに水栓交換と食洗機設置を依頼。

最終的に、LIXILの「SF-HB420SYXBV」という一番お安い水栓を選びました。
水栓(蛇口あるやつ)自体に最初から分岐水栓が付いているのが特徴。
水栓に後付けで分岐水栓を取り付けるよりも、スッキリしています。

 

早速、水栓交換のビフォーアフターをどうぞ。

水栓交換前 TOTOの「TKS05301J」

水栓交換後 LIXILの「SF-HB420SYXBV」

そして、無事食洗機が設置できました。

卓上型食洗機の設置完了

 

かかった費用は、
水栓(LIXIL SF-HB420SYXBV)15,400円
工賃 14,300円
なので、合計 29,700円

電子レシートがメールで送られてくるシステム

中々の出費です(T . T)
が、私の知識だけで水栓を用意して、クラシアンさんなどに頼んだら、
最低でも4万円近くかかることを思えば、少しは安く抑えられました( ̄▽ ̄)

最後に

紆余曲折経て、一時は諦めかけた卓上型食洗機の取り付けを無事終わらせることができました。
もちろん、原状回復可能な賃貸OKの方法で( ´ ▽ ` )

アイホームさんありがとう。
賃貸住宅で食洗機諦めている方には救世主になりえます。
一都三県はカバーしているようなので、範囲内にお住まいで食洗機設置にお困りの方は、問い合わせしてみる価値ありです。
アイホームさんのTOPページの文章には、軽く泣きそうになりましたよ、私。

それでは、また。