2LDKに夫婦と子供2人。

賃貸住まい通算22年。主に、狭い・不便の克服日記と育児備忘録

家事分担「気付いた人がやる」はあり?なし?

家事分担や、家事のやり方が原因で、夫婦喧嘩になります。

 

喧嘩は次の2パターンがほとんどです。

●夫担当の家事なのに、私に指摘されるまでやらない。

●夫の家事が雑すぎて、私が怒りながら注意する。

 

平日は夫はフルタイム勤務、私はパート勤務なので、基本的に家事は全て私がやっています。

あ、ゴミ捨てだけは例外で、平日も夫担当です。

 

休日は、それぞれがやる家事を決めています。

ざっくりと分けると、以下のように振り分けています。

【夫担当】

食事の片付け

洗濯物を干す・取り入れる

【妻(私)担当】

食事作り

洗濯機を回す

 

こう見ると負担は同じくらいに見えますが、そんなことはありません!(と、私は感じている)

 

つまり、夫担当の「食事の片付け」と一言で言っても、以下のような工程が存在します。

①食器を下げる(基本的に子供も含め皆でやる)

②汚れがひどい食器は予洗いする

③食器を食洗機にセットし、スタートボタンを押す

④ダイニングテーブルを拭く

⑤コンロ周りを拭く

⑥シンク周りに飛び散っている水を拭く

⑦台ふきんを清潔に保つ(夕飯後は洗濯機へ入れる毎日の作業から、漂白するという数日に1回のものまで)

 

この7工程のうち夫がやっているのは、①下げる、③食洗機スタート、④テーブル拭く、の3工程のみです。

改めて文字にしてみると、半分以上、私がやってる( `ー´)ノ

 

夫は②の予洗いなんて何度言ってもできず(やらず?)油ギトギトの食器もそのまま食洗機にIN。

⑤~⑥なんて、その仕事の存在にすら気付いていないでしょう。

 

「洗濯物を干す」にしても、

①洗濯が終了したことに気付く

②洗濯物を取り出す

③洗濯機のゴミ取りネット内のゴミを捨てる

④洗濯物を干す

 

夫が確実にやるのは②④です。

そもそも最初の①ができず、いちいち私が指摘しなきゃいけない。

 

③ゴミ取りネットはしょっちゅう忘れます。

そのことを私が指摘すると、夫が決まって言うセリフ。

 

「そんなの気付いた人がやればいいやん!そのくらいやってよ!」

 

そのセリフの後半部分、そっくりそのまま返すわ!

 

「そのくらいやってよ!」

 

ていうか気づけよ。

 

家事分担でぎすぎすしないためには、気付いた人、できる人がやる、という考え方もありますよね。

しかし、声を大にして言いたいです。

そのやり方で平和に家事分担するためには、夫婦二人とも、その家事の存在そのものに

気付くことができる、という大前提があります。

 

我が家の場合は、夫が全く気付かない人です。

「気付いた人がやる」方式だと、全ての家事は私の負担になることは目に見えています"(-""-)"

 

なので、我が家は完全な縦割りで仕事を振り分けています。

 

たとえ近くで夫が洗濯物を干していても、私は一切手伝いません。

ひどいですか!?

でもそうしないと、私座る間もなく家事の連続なのです( ;∀;)