まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

築古賃貸の一枚ガラスでもあきらめないで 結露・冷気の侵入を防ぐウィンドラジエーター

寒い時期、我が家にはウィンドラジエーターが欠かせません。

築30年近い賃貸住宅なので、部屋の窓は全て一枚ガラスです。
一枚ガラスの宿命は、結露とダイレクトに伝わる冷気( ̄▽ ̄)

我が家も冬は毎朝(場合によっては日中も)大量の結露に悩まされ、窓近くは寒くていられない、という状況でした。

一枚ガラスの宿命とも言える「結露」と「冷気」を防いでくれるのが、ウィンドラジエーターです。

12月に入っていきなり寒くなったので、我が家は今日設置しました。

結露・冷気の侵入を防ぐウィンドラジエーター

ウィンドラジエーターで一重窓、一枚ガラスの結露を緩和

複層ガラス、ペアガラス、二重窓など、外気の影響を和らげてくれる窓が、現在住んでいる賃貸住宅にはありません。
昔ながらのアルミサッシの一枚ガラスです。

必然的に、冬場は毎朝(場合によっては日中も)結露を拭かざるを得ないのですが、ウィンドラジエーターを使うと結露が減って作業が楽になります。
何もしないと”ボタボタ落ちる”ほどの結露が、ウィンドラジエーターを使うと”窓にうっすら”くらいに抑えられます。

結露ゼロにするのはさすがに無理ですが、目に見えて結露が減るくらいのパワーはあります。

冷気の侵入はかなり防いでくれる

一枚ガラスの窓の近くは、冷気が容赦なく流れてきます( ̄▽ ̄)
部屋の中で暖房も入れているのに、体が冷える冷える。。

そんな一枚ガラスの窓でも、ウィンドラジエーターを設置すると、冷気の流れはほぼ感じません。

ウィンドラジエーターで結露を100%防ぐことはできませんが、体感的に冷気はほぼ完全にシャットアウトできています。

窓近くの冷気に悩んでいるなら、ぜひおすすめしたいです。

伸長式のウィンドラジエーターならあらゆる窓幅にもフィット

ウィンドラジエーターを導入してから1回引っ越しましたが、長さ固定のラジエーターだと、置ける窓が限られるのが不便でした。

窓枠より長ければ当然置けません。
窓枠より短ければ置けないことはないですが、寸足らずで効果を発揮しにくい。

その点、伸長式は窓幅にピッタリ合わせられるのでどの窓にも使えます。

我が家で使っているのは、120cm〜190cmの範囲で伸縮するタイプ。

結露・冷気の侵入を防ぐウィンドラジエーター

伸長式は値段も割高になりますが、長さを調整して使えるので引っ越す可能性がある人には安心です( ̄▽ ̄)

 

長さ固定式であれば、お値段はグッと抑えられます。

 

メーカーが違いますが、我が家も90cmを2本持っています。

最後に

賃貸住宅は、複層ガラスや二重窓にリフォームすることもできません。

毎朝結露ゼロならどんなに素敵だろうと想像しますが、現状手に入らないのでできることをやるしかありません( ̄▽ ̄)

ウィンドラジエーターは置くだけなので、賃貸住まいでもすぐに取り入れられます。

築古賃貸で我が家と同じ悩みを持ちの方は、ウィンドラジエーターおすすめですよ♪