2LDKに夫婦と子供2人。

賃貸住まい通算22年。主に、狭い・不便の克服日記と育児備忘録

MENU

洗濯機かさ上げに見る、掃除のハードルを下げるコツ

 

洗濯機下のお掃除、どうやっていますか?

 

昨年の引越しの際、洗濯機を設置するタイミングで、

かさ上げ台を入れてもらいました。

f:id:kotamomonga:20200522163121j:plain
f:id:kotamomonga:20200523124722j:plain

 

洗濯機下の掃除をしやすくするためです。


 

 

 

以前住んでいたところは、

住んでいた期間、およそ7年間、一度も防水パンの

掃除をしていませんでした(^▽^;)

正確には、手が入る箇所はたまに

拭いたりしていました。

 

が、防水パンの大部分は

洗濯機が鎮座していて、手が届かないどころか、

見ることもできない状態。

 

気になりつつも、洗濯機をどかして掃除する

という大仕事から逃げ続け、7年。。

引越しの際、洗濯機をどかした時、

防水パンの汚さにビビりました…

 

雑巾でざっと拭いて、その雑巾を即ゴミに

しました"(-""-)"

 

もうこんな思いはしたくない、ということで、

新居(賃貸です)に引っ越した際は、

絶対にかさ上げしようと決めていました。

 

結果、やってみて大正解。

引越しから約1年たちますが、

きれいな状態をキープしています。

 

といっても、やっていることは、

1か月に1回程度、ホコリとりで防水パンを隅々まで

なでるだけです。

kotamomonga.hatenablog.com

 

掃除する気になるのに、その場所が目で見える、

というのはとても大事だな、と思います。

見えない所を掃除するのって、ちょっと恐怖です。

 

私はめちゃくちゃ虫が苦手なので、

夏場お目にかかるアノ虫が出てきたら、と

気が気じゃない(^▽^;)

 

一度汚れてしまうと掃除するハードルが

上がってしまい、さらに汚くなるという悪循環。

逆に、定期的にきれいにしておくと、

掃除もさっと終わるので、好循環が生まれますね。

 

 

私は引越しを通して、そういう箇所が増えました(^▽^;)

引越し直後はキレイな洗濯機下、お風呂の排水口、

台所の排水口、換気扇、などなど、今も割と

きれいにできています。

 

どうしても手に負えない場所は、

一度プロに頼んでピカピカにしてもらうのも

手かもしれませんね。

その後は、自分でそのピカピカをキープする!

というのはいかがでしょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。