まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

【マグネット付きスマホカバー】バッグの中で磁気不良に注意

キャッシュレスの波に乗って、現金を使うことがほとんどなくなりました。
家計簿をつけたいので、スマホで支払いを済ませた後も必ずレシートをもらいます。
ちなみに、家計簿はZaimでつけています。
そのレシートをすぐしまえるように、ポケット(?)付きのスマホケースを使っています。

一番大きなポケットにレシートを入れて、他のポケットには、現金1,000円を入れています。

スマホカバーのポケットにはレシートと現金を収納

この記事は、私の失敗談を踏まえて、バッグの中でのクレジットカードや通帳の磁気不良には要注意、というお話を書いています。

マグネット付きのスマホカバーはバッグの中で磁気不良に注意

ポケットがついているスマホカバーは、開閉のためにボタンやジッパーやマグネットがついているかと思います。
私が使っているのはマグネット式のタイプです。

f:id:kotamomonga:20201229104433j:plain
私はこのマグネットで、これまでに銀行の通帳とクレジットカードの磁気不良を何度も起こしています。。

通帳の磁気不良

通帳の裏にある黒いテープの様な箇所。
ここを強い磁気の近くで保管していると、ATMで反応しなくなります。

f:id:kotamomonga:20201231165719j:plain
通帳をバッグに無造作に入れると、スマホカバーの近くになってしまい、家族4人分の通帳で磁気不良を起こした経験があります。。
ATMで反応しなくなった通帳は、窓口に持っていくと何かしらの処理をしてくれて、再び使える様になります。
その時に、磁気保護用の台紙(?)をもらいました。
それをセットしてからは、磁気不良を起こすことはなくなりました。

f:id:kotamomonga:20201231165747j:plain
f:id:kotamomonga:20201231165733j:plain

私は1人目の磁気不良で懲りずに、残り3人分もきっちり磁気不良起こし、今では全ての通帳に磁気保護台紙セットしています。

クレジットカードの磁気不良

通帳だけではなく、クレジットカードも磁気不良に注意です。
クレジットカード裏にある黒い帯状の線、「磁気ストライプ」も磁力によって磁気不良を起こします。

f:id:kotamomonga:20210101154509j:plain

私も、持っているクレジットカードがある日突然使えなくなり、原因は磁気不良でした。
幸い、そのクレジットカードは更新間近で、且つ、カード正面のICチップでも決済できるタイプだったので、更新までICチップの決済で乗り切りました。

f:id:kotamomonga:20210101154456j:plain

更新がまだまだ先だったりすると、カード再発行するしかなくて、手間&不便な事になっていたと思います。

まとめ

クレジットカードが使えると思って現金を持っていなかったり、窓口が閉まっている時間帯に、突然ATMでお金が下ろせなかったりすると、急ぎの時はとても困ります。
マグネットタイプのスマホカバーやポーチなどをバッグに入れている方は、通帳とクレジットカードの保管場所には要注意です。

最後までお読みいただきありがとうございました。