まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

すっぱいブドウ!我慢しないで砂糖で甘く

先日、パルシステムで注文していたブドウが届きました。
「ベリーA」をいう品種。

ブドウがすっぱい!我慢しないで砂糖で甘く

早速食べてみたところ、す、すっぱい( ;∀;)
ネットで検索したところ、ブドウは追熟しないとのこと。
つまり、冷蔵庫で寝かせても味はむしろ落ちる、ということ。

というわけで、すっぱいブドウも前向きにおいしくいただける
方法を試してみた、というお話です。

甘くしたいなら単純に砂糖を追加

ブドウがすっぱいなら、砂糖で甘さを足してやればいい、
という単純明快な方法を採用。
ジャムみたいなイメージ。

種ありブドウなので、下準備は少し面倒。
でも、おやすみで暇していた小3娘とおしゃべりしながら
やったら、結構楽しかったです。

まず、ブドウを一粒一粒半分に切って、
種を取り除き、皮を剥きます。

ブドウがすっぱい!我慢しないで砂糖で甘く

皮と実に、砂糖を振りかけます。

ブドウがすっぱい!我慢しないで砂糖で甘く

砂糖の量は適当。
じゅうぶん甘いな、と感じるところまで
豪快に入れました。

しばらく放置すると、水分がたくさん出ます。

これを、弱火にかけます。
皮は硬くて食べるには向かなそうですが、
色が鮮やかになるとみて、一緒に煮ました。

実の食感はある程度残しておきたかったので
ほどほどのところで身だけ取り出し、
皮だけをさらに煮詰めます。

その後、皮はザルで濾してとりのぞき、

ブドウがすっぱい!我慢しないで砂糖で甘く

汁だけをさらに煮詰めます。

汁がとろりとしてきたら実を戻して馴染ませたら完成!

ブドウがすっぱい!我慢しないで砂糖で甘く

ブドウがすっぱい!我慢しないで砂糖で甘く

味は”フレッシュな干しブドウ”

一晩冷蔵庫で冷やして、翌朝ヨーグルトに
かけていただきました。

ブドウがすっぱい!我慢しないで砂糖で甘く

とっても甘くておいしかったです♪

味は、フレッシュな干しブドウ( ̄▽ ̄)
制作にノータッチだった中1長男が、
「うまい!」と驚いていました。

最後に

数年前の私なら、
家族の誰も手をつけない失敗食材は
一人で我慢して食べていました。

でも、そんな自己犠牲は必要ないと思い至った今日この頃。
私が我慢しても、誰も幸せになってなくない?ということに
アラフォーになってようやく気づきました。

自分だけが我慢して、勝手に家族に対する不満を溜め込んでいては
元も子もないな、と。
誰も私に「食べろ」って言っていないのに
自分で自分をいじめていました(・∀・)
何目的だったのか、、もはや謎です。

今では、なるべく自分が快適に過ごせることを
考えるようにしています。

今回のすっぱいブドウは些細なことですが、結構大事。
小さなことから改善改善。

実際、暇だ暇だとぶーたれている娘と共同作業で
楽しめたし、娘も楽しそうだったし。

さらに、手間暇かけておいしくなったブドウを食べるのは
いいものでした( ´∀`)

何より、「なんで私ばっかり…」という
かつての私の自作自演の不満がゼロ!
というのは大きいです( ̄▽ ̄)

ではではまた。