まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

ご飯を作りたくたくない時の切り抜け方 冷凍庫に牛丼をストック

家族と住んでいると、自分の気力やお腹のすき具合に関わらず、ご飯の準備をすることもあります。

どうしてもやる気が出ない時、ご飯作りに時間をかけていられない時に頼りになるのが冷凍牛丼です。

冷凍牛丼はいざという時の心強い味方

時々、楽天市場で冷凍牛丼を購入します。

 

あまり続くと飽きるので、10袋入りを2、3ヶ月に1回程度のペースです。

前回は、子供の一人ランチに活用していると記事にしました。

kotamomonga.com

それ以外にも、私がご飯を作るのが面倒くさい時、息子が野球の遠征で突然弁当がいると言い出した時、ストックがあるととても助かります。

ご飯だけ炊いて牛丼をチンすればとりあえず1食分になるし、弁当もチンして持たせるだけ( ̄▽ ̄)

肉うどんや肉豆腐にアレンンジもラクラク

そのまま牛丼として食べるのはもちろん、アレンジも簡単です。

先日、娘と私二人だけだった時の昼食に、アレンジして肉豆腐。

冷凍牛丼をストック

少食の娘とアラフォー胃腸虚弱の私には、牛丼1人前は少々多いのです。
牛丼1袋と、豆腐を鍋で温めて二人で分けたらちょうどいい量♪

味がしっかりしているので、追加の調味料などは一切不要。
豆腐だけでアレンジできます。

他にも、冷凍うどんを使って肉うどんもできそうです。
まだ挑戦したことがありませんが、やってみた

い。

最後に

ご飯作りたくない!というとき、お惣菜を買いに行くのすら面倒ですよね。
そんな時、冷凍庫に牛丼ストックがあれば、家から一歩も出ることなく、なんとか家族に食事を用意できます。

一人暮らしなら自分の気の赴くままに作ったり、食べたり、食べなかったりできるんですけどね( ´∀`)

そんな気ままな生活をしていた独身時代の記憶は、もうおぼろげです。
時々その頃に戻りたくなるのは、隣の芝生は…というやつでしょうか( ̄▽ ̄)

ストックが切れたので、また買っておこうと思います。