まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

洗濯機はシャープの縦型を指名買い|穴なし槽の黒カビ防止効果は抜群

10年以上ぶりに、洗濯機を買い替えました。

洗濯機は、シャープの縦型を指名買いです。

なぜなら、「穴なし槽」を信奉しているから。

穴がない槽はシャープだけです。

身をもって実感!シャープの洗濯機”穴なし槽”は黒カビ・汚れを防ぐ

この10年、シャープの穴なし槽を使ってきました。

一般的に言われる洗濯槽に穴がないことのメリットは、主に2つ。

  • 洗濯槽の外側から黒カビ・汚れが侵入しにくい
  • 洗濯槽の外側のムダな水が節約できる

このうち、節水に関しては穴あり洗濯機と比較することもないので、それほど実感はありません。

一方、黒カビ・汚れが槽内に侵入しにくいのは実感しています。

洗濯物に、ヒラヒラした黒い汚れ(カビ?)が付くことがほとんどないのです。

それ以前に使っていた他社の穴あり槽に比べて、洗濯槽を掃除する頻度が顕著に低くなりました。

ちなみに、穴なし槽は脱水が甘いと言われることもありますが、特に感じたことはありません。
しっかり脱水してくれるので、普通に乾きます。

というわけで、今回洗濯機を購入するにあたっても、シャープの穴なし槽を指名買い。

機種は「ES-PT10G」にしました。

懸念していたブラウンの蓋もそれほど悪くない

今回購入したシャープ縦型洗濯機「ES-PT10G」の唯一の懸念点は、蓋の色!
まさかのブラウンなのです。

設置場所が狭いことと、洗浄力の高さで、ドラム式ではなく縦型一択。

そのほかに、

  • 乾燥機能あり
  • 容量9kg以上

という条件で絞ると、どうしてもブラウンの蓋( ̄▽ ̄)

機種を変えればシャンパンゴールドやシルバーの蓋もあるのですが、それらは不要な機能がついていたので却下。

洗面所はできるだけ明るい色で統一したいので、残念な気持ちしかなかったです。。

が、実際届いて設置すると、意外と暗い感じはなく違和感なく馴染みました。

シャープ 縦型洗濯乾燥機 ES-PT10G

洗濯機前面に張り付いているのは、ゴミ箱やヘアゴム掛け。
(下の記事の住まいはすでに引っ越しています。)

kotamomonga.com

 

kotamomonga.com

 

操作ボタンはタッチパネルに進化しており、10年という月日の流れを感じました。

シャープ 縦型洗濯乾燥機 ES-PT10G

気になったのは、蓋を開けると上に場所を取ること。
上に棚などがあるお家だと、蓋が開かなくて困りそうです。

シャープ 縦型洗濯乾燥機 ES-PT10G

動作中に蓋がロックされるのが残念ポイント

不便に感じたのは、動作中は一切蓋が開かないこと。

以前は、撹拌しながら洗剤を入れたり、注水しながら服を放り込んだりできました。
蓋にロックがかかるのは「脱水」のときだけ。

現在の機種は脱水だけでなく、「洗い」も「すすぎ」も洗濯機が動いている間は常に蓋ロック…。

安全のためとはいえ、その点だけは10年前の機種の方が、融通が効いて使いやすかったです。

最後に

10年以上使った洗濯機は、異音がしたり、溜めた水が一晩経つと少なくなっていたり、壊れる前兆が出ていました。
洗濯機の寿命は7年程らしいので、限界がきていたのでしょう。

長きに渡り、よく働いてくれました。

完全に壊れる前に、新しいものを手配できてホッとしています。
コインランドリー通いは回避できました。

久しぶりに大きな家電を購入しましたが、新しいモノが家に来ると、やはり心がウキウキします♪
新入りの洗濯機には、これから10年頑張ってほしいです( ´∀`)