まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

すぐになくなるヘアゴムの新しい置き場所

娘と私はヘアゴムを日常的に使います。

これまで、特にヘアゴムの置き場所を決めていませんでした。
使っていない時は
手首につけていることが多いかも( ̄▽ ̄)

しかし、ヘアゴムなんて小さなものでも
決まった置き場所がないと何かと不便。
そこでこの度、ヘアゴムの定位置作ってみました。

家の中ですぐになくなるヘアゴム

ヘアゴムを使っていない時は手首につける他に、
ちょっとダイニングテーブルに置いたり、
その辺の床に置いたりすることもしょっちゅう。

すると、簡単に行方不明になるんですよね、、
そして二度と見つからないという不思議。

ヘアゴムないないと探し回り、
仕方ないのでコンビニで新しいものを買う、
ということをこれまで何度繰り返してきたことか。

こんな時間と労力とお金の無駄はやめよう!と思い
この度ヘアゴムの置き場所を作ってみました。

すぐに手に取れるように引っ掛ける収納

ヘアゴムは頻繁に使うので
すぐに手に取れるよう、見える収納にすることに。

フックなどにかけてもいいのですが
ちょっと触れると落ちるのがストレス。

すぐに落ちるパターン↓

普通のフックはゴムがすぐに落ちる

落ちない、後ろのゴムも取れる 優秀輪ゴムかけ

どうにかならないかなーとネット検索の末、
”すぐ落ちる問題”を解決してくれるフックを発見!
早速購入しました。

LEC(レック)の「輪ゴム掛け」

激落ちくんで有名なメーカー
LEC(レック)の商品です。
その名もズバリ「輪ゴム掛け」。
そのまんま( ̄▽ ̄)
分かりやすいです。

 

これが思った以上によく考えられていて。

まず、掛けるところが閉じているので
掛けたゴムが落ちるということはありません。

さらに!複数のゴムを掛けている場合、
後ろのゴムも片手で簡単に取り出せます。

この場合だと、紫のゴム↓

LEC(レック)の「輪ゴム掛け」

片手で引っ張るだけで、他のゴムが外れることなく
一番奥の紫のゴムが取れちゃうんです。

LEC(レック)の「輪ゴム掛け」

驚きのスムーズさです。

取るときに両手が必要ない、というのがポイントかと。
普通のフックだと、片手で他のゴムを抑えながら
目的のゴムを取る、となるので。

片手でヘアブラシやドライヤーを持ちながら
簡単に目的のゴムが取れるという快適さ。

ぜひ体感してみてください( ̄▽ ̄)

 

ちなみに、商品写真等みる限り、
正規の使い方はこちらの向きと思われます↓

LEC(レック)の「輪ゴム掛け」

でも、この小さな溝(穴?)に埃が溜まりそうなので、
私はあえて逆さまで使っています↓

LEC(レック)の「輪ゴム掛け」

つるんとしていていい感じ。
今のところ逆さまでも特に不便は感じていません。

場所はヘアゴムの付け外しが一番多い洗面所

リビング、キッチン、お風呂…
部屋は色々ありますがヘアゴムを置くベストな場所は?

一番着脱が多いところ=洗面所 にしました。

余談ですが、一番着脱が多い、という同じ理由で
我が家は洗面所に下着を収納しています。

※以前住んでいた家での収納の紹介記事です↓

kotamomonga.com

 

LECの輪ゴム掛けは、マグネット式なので
洗面所の洗濯機に貼り付けています( ´ ▽ ` )

娘のと私の、2つ。

LEC(レック)の「輪ゴム掛け」を洗濯機に

一つ注意なのは、購入時マグネットにくっついている
補助プレートを外してから使うことです。

LEC(レック)の「輪ゴム掛け」
LEC(レック)の「輪ゴム掛け」

補助プート着けたままだと
磁力が本来の強さを発揮しません。
(補助プレートはマグネットではなく、
シールで貼ってつける場合に必要)

最後に

LECの「輪ゴム掛け」ぱっと見は
ありふれていそうな商品ですが
使い勝手の良さがとことん考えられているなーと
感心してしまいました。

開発者の熱意を感じます( ´ ▽ ` )

たかが輪ゴム掛け、されど輪ゴム掛け。
輪ゴムやヘアゴムが落っこちて
イライラしているなら、試す価値ありです。

ではでは、また。

 

洗濯機にくっついている大きめのカゴは
ゴミ箱です( ̄▽ ̄)
この記事も、引っ越し前の洗面所の話ですが、
現在も”洗濯機にゴミ箱”は継続中。

kotamomonga.com