まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

小中学生の1人ランチに冷凍牛丼がおすすめな理由

今日・明日の2日間、中2長男の中間テストです。
テスト期間といえば、、給食がない!

避けては通れない「子供のお昼」問題です。

でも大丈夫。
子供はある程度大きいし、最近は便利な世の中です。

子供の1人ご飯には、冷凍牛丼!

小中学生の1人ランチに冷凍牛丼

そのメリットとは。

成長期の中学生に冷食一人前だと足りない問題

冷凍パスタや、具付きの冷凍うどんなど、レンジでチンするだけで食べられる冷凍食品は、子供の一人ランチに大活躍。

ただ一つ問題が。
中2長男は、冷食1人分だと量が全然足りないのです( ̄▽ ̄)
2、3人分は食べないと満足しないのでは??

冷凍牛丼はご飯でボリュームを調整できるのがメリット

そこで重宝しているのが、冷凍牛丼。

 

20袋セットの方が割安ですが、冷凍庫を牛丼だけで一杯にするわけにはいかないので、10袋入りを購入。

段ボール直入り。

小中学生の1人ランチに冷凍牛丼

省資源でいいと思います。

息子のように大食いならご飯をたくさんよそえばいいし、アラフォー胃弱の私や少食の小4娘であれば、ご飯を少なくして小盛りにできます。

人によって、ご飯でボリュームを調整できるのが便利です!
お肉の量は変わりませんが( ̄▽ ̄)

最後に

子供だけの時に、ガスの火は使わせませんが、電子レンジはOKとしてます。

自分でチンして食べることができるまでには成長したので、年々、子供の一人ランチに手をかけなくなっている私。
冷食本当にありがたい。

今日のお昼は大好きな冷凍牛丼と聞いて、息子も大喜びです♪
母も楽だし一石二鳥( ´∀`)