まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

アラフォーになって似合わなくなった服|首の開き具合も要チェック

年齢を重ねるにつれて、似合う服が限られてくると感じます。
その傾向は、アラフォーになって加速度的に進んでいるような。。

この夏、洋服の買い物に失敗しました。
慎重に選んだはずなのに、5回程度着て手放すことに。

完全なる敗北です(;;)

首周りが開いた服が似合わない

夏も終わりかけのころ、半袖のニットを購入しました。

アラフォーになって似合わなくなった服

ぱっと見袖のフリルがかわいらし過ぎるかな、と思いましたが私には合っていたようで、自分でもしっくりきたし、家族の評判も上々。

何より、肌触りが気持ち良すぎて感動もの。
色もデザインも着心地も最高!と思って数回はご機嫌で着ました。

が、だんだん落ち着かなくなってきたのです。
原因は、首回りの空きが私には広すぎたこと。

首の開きは、人によって似合う広さがさまざまかと。

私は痩せ気味で首も長いので、あまり開いていると間伸びして見えます。
貧相に見えるとも( ̄▽ ̄)

逆に、詰まり気味のネックはしっくりくるし、若々しく見えます。

今回のニットはいわゆるクルーネック。
特別首回りが開いているわけではありません。
が、数mm〜数cmの違いでも印象はかなり変わります。
”少し開き気味”のクルーネックなので、私が着ると違和感があったのです(;;)

若い頃から開きすぎた首回りは似合わなかったはずですが、全く自覚していませんでした。
若さゆえの勢いや肌のキレイさでカバーできていたのでしょう。

失敗服を泣く泣くメルカリで手放す

首回りの開きが気になり始めてからは、全く着なくなったニット。

残念ですが、キレイなうちにメルカリで手放しました。

アラフォーになって似合わなくなった服

次の方にたくさん着てもらえますように。。

最後に

二の腕は隠したいし、艶のある素材がベター。
服選びのフィルターが年々増えていきます。

今回の件で、「首の開きが大きいのはNG」というフィルターも追加されました。

選べる服は減りますが、買うべきもの・買ってはいけないものがクリアになるので、買い物にとられる時間は短くなるというメリットはあるかも。
選択肢が絞られるって、悪いことばかりじゃないですよね( ´∀`)

 

この夏手放した服や靴は他にもあるので、よろしければご覧ください♪

kotamomonga.com