まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

1日の終わりに欠かせないビール|ケース買いしない理由

お酒の中ではビールが一番好きで、夕飯時にはほぼ毎日飲んでいます。

いつも350ml缶。

ビールを箱買いしない理由

サントリーが一番好き。
ビールも秋商品が出揃ってきました♪

毎日飲むのに箱買いしない理由

毎晩飲んでいるビール。

でもケース買いはしません。
毎日、スーパー・ドラッグスト・コンビニなどでその日に飲む分だけを買います

毎日買うの面倒臭いし、割高じゃない?とお思いでしょうか。
その通りで、何も得することはなさそうですが、そうでもないのです。

ケース買いすると1缶では止まらずに、2缶目に手を出すことが自分でよーく分かっているのです。
2缶は私にはちょっと多い。
2缶飲むと、翌朝ちょっと体が重く感じるのです。
だから、飲む分だけ、1缶だけ、買うようにしています( ̄▽ ̄)

ちょっと飲み足りないくらいが丁度いい

お酒には強い方だし、アル中でもないので、2缶飲んだって良さそうではあります。

が、350ml缶1本で「ちょっと飲み足りないな」と感じるくらいの方が、翌日もまたありがたく飲める気がするのです( ´∀`)

もちろん、時には2缶飲むこともありますよ。
気分が緩んでいる週末は、飲みたくなります。

 

お酒の話ではありませんが、何かを継続したいなら「まだやれるのに」というところで止めておくほうが継続しやすい、と読んだことあります。
例えばジョギングとか。
限界まで走るより、まだ余裕があるくらいでやめると、翌日も走りやすくなるのだとか。

別にビールを継続しようとしているわけではありませんが( ̄▽ ̄)
毎日おいしく飲むために、まだ飲みたいな、というところで止めていることと通じるところがあるな、と思い出したお話です。

350mlと500mlの葛藤

お店でビールを買うときは、350mlか500mlかで揺れ動くことも。

昨日は蒸し暑くて冷たいビールを存分に飲みたくて、思わず500mlを買ってしまいましたよ。。

ビールを箱買いしない理由

が、結局少し量が多いな、と感じている自分がいて。
やはり私に最適なのは、350mlのようです。

満足するまで飲むのが幸せな人は、ケース買いが断然お得ですね( ̄▽ ̄)

最後に

今日も一日頑張ったぞー!という気持ちで飲むビールは本当においしい♪

こんな日々の些細なことで幸せって感じるものです。

夕飯の一杯のために一日頑張っていると言っても過言ではないかも。

今日も冷蔵庫にはビールがスタンバイしております(^^)