2LDKに夫婦と子供2人。

賃貸住まい通算22年。主に、狭い・不便の克服日記と育児備忘録

配線カバー設置後の問題点【ケーブルの重みで配線カバーが壁から剥がれる】

先日、Wi-Fiルーターを希望の場所に設置するため、各種コードを延長しました。
この延長コードを配線カバーに収めてごちゃごちゃをスッキリさせました。
素人ながら、よくがんばりました( ´ ▽ ` )

kotamomonga.com

その後、少々問題が起こったので、ご参考になれば、と記事にします。

配線カバーに収めるコードが多いと、重みに耐えられず壁から剥がれる

Wi-Fiのルーターを、光コンセント、電源コンセントから遠い場所に設置するためには、3つのコードを延長する必要がありました。

延長したのは以下の3つ。

  • ルーター用のケーブル
  • 電源コード
  • 電話線

配線ケーブルの中には、最大でこの3つを収めました。
ちなみに、使用した配線カバー「ニュー・エフモール」のサイズは1号です。

3つのコードを収めている箇所はこちら。

ニュー・エフモール配線カバー

配線カバーの中で余裕はなく、ぴったり収まっています。

この部分、配線カバー設置からから数日すると、壁に貼り付けているマスキングテープが剥がれて浮いてしまいました。。

ニュー・エフモール配線カバー

曲がり角があることでも、配線カバーに力がかかっているようです。

我が家は賃貸住宅です。
元々配線カバーについている設置用の両面テープは、粘着力が強すぎるかなと思い、両面テープの上からマスキングテープを貼って設置していました。
しかし、何度抑えても剥がれてしまうので、背に腹は変えられず、マスキングテープを取り除き、元々の両面テープで壁に貼ってみました。
結果、やはり剥がれました。。

仕方ないので、配線カバーを画鋲で支える

両面テープの粘着力では、曲がり角で3つのケーブルの圧を支えきれないことが分かりました。

と言うわけで、画鋲で配線カバーを支えることに。

ニュー・エフモール配線カバー

ありものの画鋲を使いました。
たまたま透明だったので、それほど目立たない、かな??

ニュー・エフモール配線カバー

せっかくスッキリしたのに、画鋲で多少見てくれが悪くなっていまいました( ;  ; )

とはいえ、私以外の家族は誰も気付いていないでしょう。
完全に自己満の世界です( ̄▽ ̄)

最後に

配線カバーのサイズを大きくして、コードをゆったり収める、など、他に解決策はあるのかもしれません。
が、もう一度材料調達から始める気力はないので、画鋲で凌ぎたいと思います。

それでは、また。