まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

小中学生の子供に無印良品の化粧水 継続中

今年の4月に我が家の小学生、中学生の子供たちが
化粧水デビューしました。
選んだのは、無印良品の敏感肌用化粧水です。

 

kotamomonga.com

 

使い始めて半年ちょっと経ちました。

子供たちも使い心地は良さそうだし、
私も一緒に使っていて、じゃぶじゃぶ使えるところが
気に入っています。
というわけで、リピートしてます。

 

最初に購入したのは、4月。
敏感肌用しっとりタイプ200mLです。

それを使い切るころ、気温も上がってきたので
敏感肌用しっとりタイプからさっぱりタイプに変更。
そして容量を大容量の400mlに。
夏の間、使いました。

そして季節は秋。(といってももう11月)
先日、再びしっとりタイプに戻ってきました。
容量はもちろん400ml( ̄▽ ̄)

 

まあまあ大きいです。

無印良品の敏感肌用化粧水

我が家に欠かせないのはスプレーヘッド。

 

特に面倒くさがりの中1長男には必須です。
キャップを開けて、手のひらに出して、というのは
彼にはハードルが高いので( ̄▽ ̄)
片手でシュッと吹き付けられる仕様にしてます。

無印良品の敏感肌用化粧水

 

ちなみに、化粧水後のクリームもポンプタイプにしています。
子供が小さい頃からの愛用品。

パックスベビー ボディークリーム ポンプタイプ

 

片手でワンアクションで中身を出せるというのは
重要ポイント。

長男は、化粧水も保湿クリームも面倒くさがって
秋冬はカサカサの肌のことも多かったのですが
スプレーとポンプにしてからは、
何とか継続できています( ´∀`)

中学生になって、色気付いてきたというのも
あるかもしれませんが( ̄▽ ̄)

 

お子さんがスキンケアを面倒くさがってやらない場合は
ワンアクションで中身を出せる方式、
参考にしてみてくださいね。