まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

バレエシューズのかかとパカパカ問題を解決したのはPorselli(ポルセリ)

かかとがパカパカしないバレエシューズにようやく巡り会えました。

Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ

イタリアのPorselli(ポルセリ)というバレエシューズメーカーのものです。
やはり、餅は餅屋ということのなのかも。

バレエシューズ・フラットシューズのかかとパカパカ問題

バレエシューズやパンプスデザインのフラットシューズは、甲がしっかり覆われていないので脱げやすいのは宿命。

Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ

靴のサイズと型が足にピッタリあっていれば、フィットするのかもしれませんが、残念ながら私の足はかかとパカパカ。

一度、とあるフラットシューズを履いて出勤時、遅刻しそうで小走りしたところ、靴が脱げて飛んでいき、恥ずかしい思いをしたことも( ̄▽ ̄)

自転車の信号待ちなどで、少しつま先立ちになると、やはり脱げそう。
つま先だけに靴が引っ掛かっているので、靴を落とさまいと足には変な力が入ります。

この問題を解決してくれたのが、Porselli(ポルセリ)のバレエシューズです。

ポルセリのバレエシューズが購入できる店舗

ポルセリは、イタリアはフィレンツェでバレエシューズを作っているメーカーで、言わばバレエシューズの専門ブランド。
楽天やAmazonでも取り扱いがあります。

ただし、販売されているサイズは36からか、あっても35サイズ。
私は34サイズなので、楽天、Amazonでは購入できません。

で、利用したのが、イタリアのPierotucci(ピエロトゥッチ)という比較製品の製造・販売をしている事業者のオンラインサイト。
サイトは日本語表示できるのでご安心を( ´∀`)

ピエロトゥッチなら、34〜42サイズまで展開があります。

在庫がない商品に関しては、注文後に発注するようで、私の場合は注文から手元に届くまで2〜3ヶ月かかりました。

梱包は、日本と違って至って簡素です。
簡易な巾着とビニール袋に包まれた商品が、A4程度の紙封筒に直接入って届きました( ̄▽ ̄)

Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ
Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ
Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ

省資源でいいと思います。

ポルセリのバレエシューズはかかとがパカパカしない理由

履いて驚いたのは、足の動きにフィットして、かかとが脱げないこと!

高いところのものを取ろうとして背伸びしても、自転車の信号待ちでつま先立ちになっても、かかとが脱げません。

Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ

これは、感動。

理由は定かではありませんが、

  • 靴底が柔らかいこと
  • 履き口のリボンを締められること

の2点がフィットするポイントかな、と想像します。

靴底の反りが良くて、足にピッタリついてくる感覚です。

Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ 靴底

私は長く履きたくて、つま先とかかとには裏張りをしたので、靴底の柔軟性は多少落ちていると思いますが、それでも十分。

Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ 裏貼り

※自転車のペダルが金属製なので、土踏まずに無数の傷あります( ̄▽ ̄)

また前面についているリボンですが、これは飾りではなく靴紐としての役割を果たしています。

Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ

日本で出回っているバレエシューズの多くは、リボンはただの飾りです。

バレエシューズのリボンは飾り

ポルセリのバレエシューズは履き口にぐるっと一周紐が通っているので、紐を締めることによって、フィット感が調整できます。

Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ

この紐(リボン)も、かかとが脱げないことに一役買っていると思われます。
また、靴下の厚さによって靴のフィット感は変わってきますが、紐があると多少の調節が可能です。

ポルセリのバレエシューズは幅広の足にも合うのか

一般的にバレエシューズは細身ですが、ポルセリは驚異的に幅広な私の足でも履くことができました。

皮が柔らかくて足に馴染むせいか、幅の圧迫はあまり感じませんが、指は多少締め付けられる感覚はあります。

Porselli(ポルセリ)のバレエシューズ

ただ、それはスニーカーなどのラクな靴と比べたら、ということです。
1日履いていても、耐えられないという程ではありません。

最高にラク、というわけではありませんが、許容範囲内といったところ。

最後に

私の現在のスタメン靴は、オニツカタイガーのコレンソローと、この記事で紹介したポルセリのバレエシューズです。

コレンソローに関してはこちら。

kotamomonga.com

この2足で日常は十分回ります( ̄▽ ̄)

アラフォーにしてようやく足にフィットするバレエシューズに辿り着けました。
お値段はなかなかお高かったのですが、それだけの価値はあるな、と思います。
職人さんが一足一足手作りしているんだから、それなりの価格は払わないといけませんよね。

大事にしたいと思います♪