まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

靴を断捨離 手放した3足に共通すること

季節が変わると、新しい服や靴を買いたくなります。
でも、今年はそれをぐっと我慢。
暮らしやすい家にするべく、不要なものを手放すことに注力しています。
増やす前に、まず減らすのが、目下の目標。

先日公開した、この春手放したものはこちらの記事で。

kotamomonga.com

 

その後も順調に(?)断捨離を続けており、新しく手放したものを公開します。
今回は靴です。

ご興味があれば、のぞいていってください♪

今回手放すことにした靴は3足。
全てメルカリで手放しました。

その3足に共通することが3つありました。

  1. 具体的な使用シーンを想像せずに、衝動的に購入
  2. ネット通販で購入
  3. 履けなくはないけれど、履き心地がイマイチ

どんな靴を手放したのか、ご紹介します( ̄▽ ̄)

オデット エ オディール 新品バレエシューズ

一つ目は、Odette e Odile(オデット エ オディール)のバレエシューズ

ディープバレリーナという甲が深めのタイプです。
毎シーズン定番で販売されています。

私の足は、尋常ではない甲高幅広、さらにサイズは21.5cmという小ささ。
そんな規格外もいいところの足ゆえに、靴選びは毎回困難を極めます。

オデット エ オディールのバレエシューズは、21.5cmからサイズ展開があるので、時々チェックしています。

バレエシューズは、1、2年前に、セールで衝動買いしたものです。
希少サイズ、かつ大幅な値引きに目がくらんで、後先考えずに購入しました。
が、試着して室内を歩くと、かかとがパカパカなりがち。
パカパカを防ごうと、足の指に変な力が入ります。

そして、履く機会がないままずっと靴箱に眠っていました。

オデット エ オディール ディープバレリーナ



必要としてくれている人のところで、日の目を見てくれますように…。

つくづく、衝動的に買い物してはダメですね。
深く反省。

オデット エ オディール 新品エナメルストラップパンプス

もう一つ、オデット エ オディールの靴です。
ストラップ付きのエナメルパンプス。

オデット エ オディール 新品エナメルストラップパンプス

このパンプスは、
ラウンドトゥが幅広の私の足に優しい、
ヒールも低めで安心、
ストラップありで脱げにくい、
というところに惹かれて購入した記憶があります。

しかし、ほんの少しですがサイズ(足長)が大きく、かかとがパカパカしそうなところを、ストラップがカバーしている、という状態。
どこか落ち着きません。

さらに、今の私の生活スタイルでは、ヒールパンプスを履く機会はほぼありません。

一年以上、新品のまま靴箱に眠っていました。
迷わず断捨離。

モノ選びは、自分の生活スタイルに合ったものにするべし、と決意。

PICHE ABAHOUSE エナメルTストラップパンプス

最後に、PICHE ABAHOUSE(ピシェ アバハウス)のエナメルストラップパンプス。

PICHE ABAHOUSE エナメルTストラップパンプス

これはTストラップのデザインに一目惚れして購入。

子供の七五三や入学式で、スーツに合わせて履きました。
というわけで、数回は出番がありました。

しかし、ポインテッドトゥが幅広足には窮屈でつらい、かつ、ヒールが高いので長時間は履けません。
足に厳しい履き心地と、生活スタイルに合わないデザインのため、普段履くことは全くありません。

見た目が大好きなので迷いましたが、数年に1回しか履かないなら、重要度はそれほど高くない、と自分に言い聞かせて、手放すことに。

 

ちなみに、今回手放した靴3足とも、値段と品質のバランスの取れたいい商品です。
私の足に合わなかったというだけです( ̄▽ ̄)

最後に

今回手放した靴、3足全てに共通するのは、

  1. 具体的な使用シーンを想像せずに、衝動的に購入
  2. ネット通販で購入
  3. 履けなくはないけれど、履き心地がイマイチ

という3つでした。

今後、靴単体だけを見て、一目惚れで購入するのはやめようと、心に誓いました。
自分の生活スタイルをよく振り返って、今必要な靴だけを買うべし。

あと、履き心地は最優先!
一日ご機嫌で過ごせる、自分の足にフィットした靴を集めていこうと思います。

ではでは、また。

 

これまでのスニーカーの概念がくつがえった、オニツカタイガー コレソンローも、併せてどうぞ。

kotamomonga.com

kotamomonga.com