まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

常連さんが多いカフェで感じた居心地の悪さ。その理由は?

近所に素敵なカフェがあります。

友人と1、2回行ったけど、新型コロナ禍ですっかりご無沙汰。

先日、パート帰りに、久しぶりにそのカフェで一人ランチをば。

近所のカフェで一人ランチかろうじて、食後のコーヒーだけ写真に収めました。

 

でも、なんだかすごーく居心地が悪かった。

ご飯は美味しいし、店の人は感じがいいのに。
なぜ??

居心地の悪さの原因をしばし考える。
思い当たる節は、どうも、何組かいた他のお客さんが、お店の常連さんだったこと。

会計の時に、親しげに定員さんとおしゃべりしたり、
注文の時に、アレンジメニューを提案されていたり、
ノリも、友達同士のような。
「あー、みんな仲良いのね」
とものすごいアウェイ感。

でも、その中に入りたいわけでは決してない。

思うに、お客さんと定員さんの距離が近い、その空気が苦手だったんだと思う。

自分でも気づいてなかったけど、一人でお店でランチやお茶する時、定員さんは空気のような存在であってほしいと思っている。
逆もまた然り。
定員さん、私のこと気にしないでー。

たまたま常連さんが多かったから、感じただけのこと。
でも、またそんな空気だったらヤだな、と思う自分がいて、またしばらく足が遠のきそう。

一人で行くには、個人がやっている素敵なカフェより、チェーン展開のカフェの方が落ち着く自分を発見してしまった出来事でした( ̄▽ ̄)