2LDKに夫婦と子供2人。

賃貸住まい通算22年。主に、狭い・不便の克服日記と育児備忘録

毎日薬。薬ケースで脳内メモリーを節約中

ここ数ヶ月、胃の調子が悪いので、胃腸科に通っております。
薬で何となく治るかな、と思っていたけど無理っぽい。
今月、ついに胃カメラを飲む運びとなりました( ;  ; )

毎日朝晩3錠 一日合計6錠の薬

処方されている薬は、胃の粘膜を保護したり、胃酸を抑えたりする薬。
1回3種類。
朝食後と夕食後2回。
なので、一日合計6錠。

これが、覚えてられません。。
今朝飲んだっけ?とふと脳裏をかすめることも。

100均の曜日入り薬ケースで脳内メモリーを節約

そんな私を助けてくれているのが、薬ケース。

100均の薬ケース 曜日入り

100均です。
購入したのはずいぶん前。
息子が幼い頃にずっと薬を飲んでいる時期があって、その時に購入。
今回思い出して、引っ張り出してきました。

曜日の印字が入っているので、今日飲む分が、一目瞭然。

朝は6錠入っていたら、3錠飲まなきゃね、と。
夜は3錠残っていたら、これ飲まなきゃね、と。

今日は火曜日( ´∀`)

100均の薬ケース 曜日入り

この薬ケースを使うと、薬飲んだっけ?ということを全っっっく考えなくてOKです。
飲んだか否かを覚えていなくていい、という感じ。
薬を「飲む」ことだけに集中すればOK。

脳内メモリーを節約して大事なことに使おう

小さなことだけど、その小さなことに囚われている時って、脳内メモリー食ってます。
それがなくなった時に、めちゃくちゃ分かります。
頭クリアになります!

多分、取るに足らない小さなタスクに埋め尽くされがちな家事と同じ。
夕飯何にしよう…
あの手紙学校に出さなきゃ…
今週末、水泳帽買わなきゃ…

こういう瑣末なことが積み重なると自分でも気付かないうちに、脳のメモリー持ってかれてるんですよね( ̄▽ ̄)
気付かないうちに、なんか疲れてる。

なので、買い物リストは速攻スマホのメモに打ち込んで、脳内から追い出すようにしています。
お店に行った時に、メモを見ればOK。
それまでは、一切考えなくて良し。

というわけで、薬を飲んだかどうかに頭を使わなくていい薬ケース、ありがたや。

最後に

目に見えないところで、人間たくさん脳みそ使っていると思います。
無意識のうちに。

意識的に、ぼーっとするのも必要だな、と思う今日この頃。
休みの日、畳に寝転がって、窓から見える空をぼーっと眺めるのもいいものです( ̄▽ ̄)

ではでは、また。