2LDKに夫婦と子供2人。

賃貸住まい通算22年。主に、狭い・不便の克服日記と育児備忘録

パルシステムに頼りっぱなしのひな祭りご飯

今日はひな祭りでした。
我が家も娘がいるので、夕飯はひな祭りメニューに。
今年はパルシステムのお手軽素材をうまく利用して、簡単に準備しました。

ちらし寿司は混ぜるだけで完成

今年初めてちらし寿司の"素"を使いました。
パルシステムのものです。

パルシステムの五目ずしの素

ご飯を3合炊いて、混ぜるだけ!

五目ずしの素をご飯に混ぜるだけでちらし寿司が完成

錦糸卵だけ、娘と一緒に作りました。

錦糸卵を作る娘

ちらし寿司に錦糸卵をのっけて完成

これまでは、ちらし寿司、律儀に手作りしていました( ´∀`)
椎茸や、レンコンや、にんじんを煮るところから!
毎年気になっていたパルシステムのちらし寿司の素。
今年は使ってみました。
母から教えてもらった”我が家の味”とは違いますが、その手軽さは素晴らしい。

蛤のお吸い物には見た目が華やかな生麩を

お吸い物は作る予定だったのですが、スーパーでたまたま蛤を見つけて、急遽購入。
とってもいい出汁出ました。

そこに、これまたパルシステムで購入した生麩を投入。
少し前に買っていましたが、冷凍なので大丈夫。

パルシステムの冷凍生麩を入れたお吸い物

見た目が華やかでひな祭りらしく、娘が喜んでいたのでよかった。
もちもちしていて家族に好評でした。

デザートは冷凍の桜餅を解凍

デザートは桜餅。いちご添え。

パルシステムの冷凍桜餅

しつこいですが(笑)、パルシステムの冷凍桜餅です。
2時間ほど常温解凍すれば、食べごろです。
これも、冷凍なので賞味期限を気にしなくていい点が助かります。

最後に

今年はちらし寿司を市販品に頼ったので、ひな祭りメニューを用意する手間が減りました。
味も美味しく、家族にも好評でした。
まあ、娘リクエストで唐揚げ作ったのでまあまあエネルギー持っていかれましたが。。

反面、毎回”素”を使っていると、母から教わったちらし寿司の味が、私で途絶えてしうまうな、とふと思いました。

共働きが当たり前になり、家事に手間暇かけないことを良しとするのが最近の流れですが、手間暇かけることが全くの無駄なわけではないよなーと思います。
もちろん私も、家事はなるべく手を抜きたいんですけどね。。

ただ、専業主婦の母が手間暇かけてやってくれたことって、大人になってもあったかい思い出として心に残っています。
こんなことを考えるようになったのは、歳のせいかも( ̄▽ ̄)

手間を省く、手間をかける、どちらが正解というわけではないですけどね!
どっちもありだと思ったひな祭りでした。

どちらにしても、パルシステムにいつも助けられていることだけは事実です!