まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

マスク生活で不要になった口紅を3年ぶりに購入

コロナ禍以降、どこに行くのもマスク着用なので口紅を付けなくなりました。

元々、毎日がっつり口紅をする習慣はなく、その日の気分で付けたり付けなかったり。
付けたとしても、分からないくらい薄く( ̄▽ ̄)

マスク生活で口紅は全く不要になっていたのですが、この度3年ぶりくらいに購入しました。

なぜなら、結婚式に出席するからです!

結婚式なので久しぶりに口紅を

今週末は義弟の結婚式です。

基本マスク着用だとしても、披露宴では食事もあるから外すでしょう。

普段なら口紅なしでも気にしませんが、結婚式なので少しはきちんとしたい。
というわけで、ドラッグストアで口紅を購入しました。

今回の結婚式以降、引き続き口紅をつける機会は皆無なので、使い捨てのつもりで。
一番安いちふれの口紅にしました。

久しぶりの口紅

しかも、付け替え用( ̄▽ ̄)

久しぶりの口紅

一回きりしか使わないので、本体ケースすら不要です。

300円ちょっとでした。

久しぶりの口紅に違和感

口紅をつけたのは、実に2年半ぶりくらいです。

付けてみると、違和感大いにあり。
色が合っていないのかもしれませんが、口紅自体に慣れない感じ。

鏡の前で「微妙だな…」と感じつつ、当日は気持程度付けると思います。

マスク生活でもチークは健在

常にマスクをつけるようになって、口紅もチークをしない時期がありました。

が、チークはとあるきっかけで復活。

kotamomonga.com

 

チークを塗ると血色が良くなってテンション上がるのですが、口紅は全然でした。

口紅自体が似合わないなーと若い頃から感じていたので、そういう顔立ちなのかもしれませんね。

最後に

3年目突入のマスク生活で、もはやマスクなしの生活が思い出せなくなってきています。

「顔を隠せるから安心する」という、テレビか何かで聞いた思春期の女の子の言葉を思い出します。

その気持ち、分かる。

若い女の子の理由とは全然違うのでしょうが、年齢を重ねて肌に自信がなくなってくる程分かります( ̄▽ ̄)

朝、鏡の前で「顔疲れてるな」と感じても、マスクである程度隠せてしまう。
楽なようで、楽に甘んじて怖い気もします( ´∀`)

世の中が、もうマスクしなくていいよ、ってなったら、どうしよう。
自分の顔を堂々とさらせるのでしょうか、私(笑)。