まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

化繊が苦手な人に最適|無印良品綿とウールのあったかインナー

昨日今日と続く寒さに耐えかねて、冬用のあったかインナーを引っ張り出しました。

数年前に購入した無印良品の綿とウールのインナーです。

あったか綿 ウール 長袖Tシャツ
写真はイメージです。
毎年、天然素材のあったかインナーを販売して売れる無印には感謝しかないです( ´∀`)

綿とウールで優しく温かい無印良品のインナー

化繊の下着は苦手なので、綿とウールだけでできた無印のインナーを数年愛用しています。

ウールが入ったシリーズは本当に温かいです。
そして、化繊のように静電気が起きたり、肌が乾燥したりしないのが本当に、いい( ´∀`)

マイナーチェンジはしつつも、毎年販売してくれるので買い替えも簡単で安心です。

ただ、2022年は、長袖Tシャツとして着られるように改良したそうです。

www.muji.com

画像で見る限りですが、心配な点が。

首が詰まっていて、袖もしっかり長さがありそうなので、下着として着るには洋服を選ぶかも
襟や袖口から下着がチラ見えするのは避けたいですよね。

2021年版を買いだめしておくのも手かも

無印の綿とウールのインナーは、数年前に購入したものをずっと使っているので、少々くたびれています。
今年は買い替えようかな、と考えていたのですが、下着としては2022年版は使いにくいかも。

AmazonとYahooショッピングでは、2021年版と思われるものを販売しているので、私は今のうちに購入しておきました。

 

2021年版の方が、首の空き具合や袖丈が下着として使いやすそうなので。

お値段も、2021年版は1,490円、2022年版は1,990円と500円もの差があります!

無印良品 綿とウールのあったかインナーの注意点

天然素材の優しい温かさは皆さんにおすすめしたいところですが、合わない人もいるので要注意です。

それは、ウールのチクチクに敏感な人!です。

ウールを綿で包んだ糸を使っているので、基本的にチクチクしません。
私は一切感じません。
しかし、敏感な人はチクチクをするようです。

我が家は夫がそうでした。
チクチクを感じて、着ていられないそうです。

ウールのチクチクを敏感に感じるタイプの方は、やめておいた方が無難です。
そんな方には、あったか綿のインナーを♪

www.muji.com

最後に

気に入っているものが定番で毎年販売されるのは、本当にありがたいです。

廃盤になるとまた新しいものを探す旅が始まるので…( ̄▽ ̄)

無印さんには綿とウールのインナー、末長く作ってもらいたいものです。
よろしくお願いします。