まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

普通のオーブンレンジで楽ちん料理 手間をかけないご飯作り3つのポイント

我が家で使っているのは、至って普通のオーブンレンジ。

シャープ オーブンレンジ RE-F18A

ほぼサイズと見た目だけで購入。

※2019年の商品ですが、アマゾンや楽天では6万円台、7万円台の価格…
私が購入したときは、2万円台だったのですが、なぜ??
今の価格で買うのはおすすめできません。。

同じシャープのヘルシオウォーターオーブンのような高機能とは無縁です。

でも、今日は料理したいくないな、という日には普通のオーブンレンジを使うだけで十分ラクに夕飯が作れます♪

メインも副菜も切って焼くだけ

バタバタしていて夕飯を作る気力があまりない日。
そんな日は、オーブンレンジで材料焼くだけ!の夕飯にすることが多いです。

先日作ったのは、鶏肉と野菜のグリル。

オーブンで焼くだけの夕飯

鶏もも肉、じゃがいも、ピーマンをオーブンで焼いただけです( ´∀`)

手間をかけないご飯作りのポイント3つ

料理の時短ポイントは3つ。

  1. 食材の種類は少なく
  2. 材料は大きめにザクザき切る
  3. 味付けはシンプルに

まず、使う食材の種類を減らします。
冷蔵庫にあるものでOK。
私は、鶏もも肉、じゃがいも、ピーマンの3つだけで作りました。

そして、材料は細かく切りません。
大きめにザクザク切れば、下準備も早い♪

最後に、味付けは極力シンプルに。
調味料を何種類も出して、調合する余裕はなし。
オリーブオイルと塩のみです。

オーブン用の角皿に材料を並べてオリーブオイルと塩をまんべんなくかけたら、
その場で手で豪快に混ぜればOK!
ボールも使わないので洗い物も少ないです( ´∀`)

オーブン任せの夕飯作り

オーブンレンジで焼いている間にお風呂へGO!

あとは角皿をオーブンレンジに入れて、焼くだけです。
180度で20分程度焼きます。

オーブンで焼くだけの夕飯

オーブンに任せている20分間はずっとついている必要がありません。
放ったらかしでお風呂へGo!

そして、お風呂から上がる頃には部屋中にいい匂いが( ´∀`)

鶏肉の皮がパリッと、じゃがいがはこんがり、ピーマンはくったり甘くなれば完成。

オーブンで夕飯

材料を切るのに10分、焼くのに20分で、トータル30分ほどでメイン(お肉)と副菜(野菜)がまとめて完成。
その間に、お風呂も済ませちゃいます♪

あとは、炊飯器にお任せの炊きたてご飯と、豆腐とワカメの味噌汁があれば立派な夕飯になります。

まとめ

材料が増えるほど、
工程が増えるほど、
ついている時間が長くなるほど、
ご飯作りは疲弊するなーと感じています。

余裕があるときは凝った料理を作ることもありますが、日常的にはちょっと無理。
気力体力ともについていきません。。

「食材の数は少なく」「大きめに切る」「味付けはシンプル」の3つがラクにご飯を作るポイントかなと思います。
要は、素材の味に全てをたくすことに尽きる気がしています。
アウトドア料理をイメージして作ると、サクッと簡単にご飯作りができると思います。

そして、手間ひまかけた料理よりも家族の評判が良かったりすることも( ´∀`)

そして今日もそろそろ夕飯作りの時間です。
あぁ、エンドレス。

ではでは、また!