まずは、半径1メートル。

目指すのは、幸せな「子育て後」。暮らしも思考もシンプルにして、心と時間に余裕を持ちたいミニマリスト気味主婦のブログ。

ユニット畳をようやく処分「いつか使うかも」に打ち勝てた理由

昨日、粗大ゴミとして捨てた大物。
ユニット式の畳です。

集合住宅の玄関に、粗大ゴミけんを貼って出します。

ユニット畳を粗大ゴミに出す

2021年3月に引っ越してから
現在の住居で使うことがないまま
半年近く保管していました。

この度、やっと捨てる運びになりました。

「いつか使うかも」にとらわれる私

以前住んでいた住居は和室がありませんでした。
しかし、家族全員畳の上で寝転がりたい派なので
フローリングの一室と、リビングのテレビ前に
ユニット畳を敷いていました。  

kotamomonga.com

kotamomonga.com

 

今年3月に引っ越してきた現在の住まいは
和室があります。
そして、リビングにはラグを敷くことに。

つまり、ユニット畳6.5畳分を
使わなくなりました。

でも、すぐには処分できない私。

せっかく買ったし、
まあまあお金もかかっているし、
いつか使うかもしれないし、

というあるあるな理由で、半年間保管し続けました。
しかも、狭い賃貸住宅の
部屋の片隅に置きっぱ( ̄▽ ̄)

来るか分からない「いつか」より「今」でしょ

でも、引っ越しから半年近くたっても
結局使わないんですよね。。
だって敷く場所ないし。

確かに、数年後にまた引っ越して必要になるかもしれない。

でも、来るのか来ないのか分からない「いつか」のために
生活スペースを圧迫してまで、
部屋を雑然とさせてまで、
保管しておく意味ないよね。
とようやく目が覚めました( ̄▽ ̄)

時間かかりすぎ、、

捨てる決意をしてから
そっこーで粗大ゴミ捨てる予約しました。

モノを買うときは処分方法まで考えたい

当たり前ですが、モノを捨てるのはお金がかかります。

私が住む自治体は、ユニット畳1枚につき
400円の処分費用がかかります。

6.5畳→7枚あるので合計2800円也。

まあまあかかる( ;∀;)

大量の粗大ゴミ券(使用済み)↓

粗大ゴミ券

ユニット畳は前の家では活躍してくれたので
必要な買い物ではあったけれど
モノを買うときは、処分のことも考えて慎重に
ならなきゃね、と痛感しました。
ふところ痛むと真剣に考える私( ̄▽ ̄)

最後に

部屋の片隅に半年間立てかけていたユニット畳。

見た目は悪いし、なんとなく部屋が暗くなるし、
掃除しにくいし、カビ生えないか不安だし
いいこと何もなかったです。

もったいない精神で
今の快適さをないがしろにしていた事実に気づいて
ようやく捨てる決心つきました、というお話でした。

「今」を大事にしない方が、よっぽどもったいない!

ユニット畳は「お世話になりました」と
感謝して送り出しました( ´∀`)

ではでは、また。