2LDKに夫婦と子供2人。

賃貸住まい通算22年。主に、狭い・不便の克服日記と育児備忘録

【綿100%のパジャマを探して】子供用は絶滅寸前かもしれません

パジャマにこだわりはありますか?
寒い季節になってくると、フリース、キルト、裏起毛など、様々なパジャマが出回りますよね。
私はなるべく綿100%のパジャマが好きです。
しかし、綿100%のパジャマをほどほどの価格で探すのは結構大変です。
お金を出すとあるのですが、パジャマにそこまで出せない、と言う価格帯のものが多いです。
ちなみに半袖の季節は、綿100%の商品を探せなくて、妥協しています。。
他にもこだわりがあるからハードルが高くなってしまうのですが…↓

kotamomonga.com

綿100%パジャマが好きな理由 

綿100%にこだわる理由は、
・肌触りがいい
・通気性がいい(蒸れない)
・長い季節着られる
・静電気が起きない
・耐久性が高い
といったところです。

肌触りがいい

まず、綿100%のパジャマは肌触りがいいです。
あくまで主観でしかないので、「いい」というよりは「好き」ですかね。
化繊の割合が多くなるほど、ペタッと肌に張り付く感じがします。
歳を重ねるごとに、益々そう思うようになってきております。

通気性がいい

意外と寒い季節の方が、通気性が大事な気がします。
冬でも、布団に入っていると寝汗をかいたり、暖房が強すぎて汗ばんだりします。
そんな時に、例えばフリース素材のパジャマだと蒸れてしまいます。
その点、綿素材だと湿気を逃してくれるので、群れることがありません。

長い期間着られる

我が家は家族全員、端境期のパジャマを持っていません。
用意しているのは、半袖と長袖(夏用と冬用)の2種類だけです。
私の場合は、夏が終わって朝晩肌寒くなってきたら、長袖(冬用)のパジャマに変えます。
冬用のパジャマは、無印良品の四重ガーゼパジャマです。
秋口に四重は暑くない?と思われるかもですが、綿100%のガーゼ素材なので通気性もよく、9月、10月でも暑すぎることは全くありません。
これがフリース素材のパジャマだったら、端境期には暑すぎて着られないですよね。
そして、私は寒がりな方ですが、真冬は下着を長袖に変え、羽織りものをプラスすれば、四重ガーゼパジャマで十分過ごせます。(都内在住)
布団に入ったら、羽織りものは脱ぎます。
ガーゼが空気を含んでくれるのか、ふんわりと優しい暖かさです。

ところで、パジャマは夏用、冬用、それぞれ洗い替えのために2組づつ持っています。
なので、家族一人当たりパジャマ は合計4組で済んでいます。
もし、夏用、冬用に端境期用のパジャマが加わると一人合計6組!
収納スペースがさらに必要になってしまいます。。
長い期間着られる素材のパジャマというのは、家の中のモノも減らせるのでいいですよ。

静電気が起きない

パジャマだけではなく、普通の服にも共通することなのですが、天然繊維は静電気が起きにくいです。
特に冬場は静電気のバチバチを避けたいので、なるべく天然繊維の服を選ぶようにしています。
全部は難しいので、なるべく、程度ですが。
綿素材のパジャマだと、静電気とは無縁です!

耐久性が高い

綿素材のパジャマは耐久性が高い気がします。
以前ユニクロのストレッチ素材のルームウェアを試したことがあるのですが、ワンシーズンでビロビロに伸びてしまいました。
また、あまりに伸びる素材だと、着替えにくいということに気づきました。
腕や脚を通そうとすると、服も一緒に伸びてしまうので腕や脚を通しにくいんですよね。。
伝わりますか??

子供用の綿100%パジャマが見つからない

子どもは大人よりも汗をかくので、綿素材の服を着せたいと思っているのですが、パジャマに関しては、ここ数年で見つけるのがすごく難しくなった気がします。
無印良品は、綿素材のパジャマを毎年作っていますが、ザ・パジャマといったデザインの前開き・襟付きのデザインです。
子どものパジャマは、ボタンの開け閉め不要の被るタイプにしたいので、無印は選択肢からはずれてしまいます。
ユニクロは数年前から、化繊が入ったストレッチタイプのパジャマになてしまいました。。
GUは去年あたりまでは、綿100%のパジャマがちらほら出ていたので、頼みの綱でした。

GUの綿素材パジャマ
しかし今年(2020年)からはユニクロと同様に化繊入りのストレッチ素材のものしか見当たりません。。
綿100%って人気ないのでしょうかね(;_;)

子供用綿素材パジャマなら”ampersand”をチェック

長年の観察の結果、我が家の子どもには、ロンT以上、スウェット未満、といった感じの薄手の裏毛が長袖パジャマとしてちょうどいいようです。
その手の素材は、先出のGUで春先によく出るので毎年チェックしていたのですが、それも望めなくなりました。
綿パジャマ難民になりかけですが、子供服ブランドの”ampersand(アンパサンド)”は毎年シーズン綿素材のパジャマを出しています。
ただ、真冬には頼りない厚さのスムース素材のものが多い印象です。
探している薄手の裏毛は時々しか出ていないので、春物、秋物販売時期にはこまめにチェックしています。

今年の秋は、小2の娘のパジャマサイズアウトということに気づき、Amazonやら楽天やらを慌てて探してやっと見つけた条件に合うパジャマが”ampersand”のものでした。
薄手の裏毛とは、右写真みたいな感じです。

アンパサンドの綿100%パジャマ
薄手の裏毛素材

滅多に見つからない綿100%裏毛素材なので、更に上のサイズも買いだめしておきたいところですが、昨シーズン(2019年)の商品なので、サイズ欠けで叶わず。。
保管場所も必要になるので、買いだめはなるべくしたくないのですが、滅多に見つからないもの(探すのに労力がかかるもの)は例外です( ̄▽ ̄)

とりあえず、今シーズンはこれで乗り切れそうです。

最後に

自分のパジャマならまだしも、子どもはパジャマの素材とか気にしていないと思います。
ただ、自分が着ていて快適なら、子どもに着せてやりたいというのが親心なのか、時間を取られつつも、条件に合った綿素材パジャマをサイズアウトするたびにさがしています。
大人は定番が決まれば、後は寿命がくれば買い替えるだけなので楽ですが、子どもはどんどんサイズアウトしていくので毎回パジャマ難民になりかけます( ̄▽ ̄)
来シーズンも、子ども用パジャマ探しの旅が待っていると思います。。